Freedom Librray Field 2009

【Blog開設目的】自由なるライブラリーフィールドの創設に伴い、発表者による発表要旨のアップ及びその関連資料を入手できる環境を実現する。また、イベント情報等を有志がアップし情報を交換できる事も可能にする。


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
標記の件につきまして、ご報告させて頂きます。今回は25名の方にご来場いただきました。また、懇親会も14名の方にお集まりいただき活気のある会になりました。改めて御礼申し上げます。
発表要旨については、太田さん、川崎先生とコンタクト取り、このブログでもアップできればと思っています。今回は私花田がノートパソコンを忘れるという大失態を犯し、お詫び致します。ただ、無事こうして終了のご報告ができ、正直ホッとしています。

また、今回のレポートを井上さんの空手家図書館員の奮戦記でいち早くアップいただいていますので、ぜひご覧下さいませ。私の好きなブログでもあり、井上さんのこのブログは関連リンク集にもアップさせて頂きます。

空手家図書館員の奮戦記はこちらのURLから。
http://karatekalibrarian.blogspot.com/
FLFへの感想やご意見等ございましたら忌憚なく本ブログにおけるコメントにお寄せ下さいませ。また、FLFにご参加いただけるような方がいらっしゃいましたらご紹介下さい。これからもお役に立つ勉強会として中村さんと頑張っていく所存です。

以上、とり急ぎお礼とご報告まで。

スポンサーサイト
お待たせしました!第四回自由なるライブラリーフィールド~今図書館の話をしよう~の開催が決定しましたので、以下ご案内させて頂きます。奮ってご参加下さいませ。参加ご希望の方は花田までご連絡頂ければ幸いです。会場にてお会いできるのを楽しみにしています。

□日時: 2009年9月18日(金)
□トピック:後期開始前のウォーミングアップ企画「 図書館ガイダンスとオープンキャンパス」
□時間: 19:00開始 事例報告各30分
   20:00から20:10 休憩
   20:10から21:00までライトニングトーク
   21:00から21:20 質疑応答
   21:20終了
□会場: 総合生涯学習センター 第一研修室
□会場費: 合計19,800円(内訳: 部屋代が14,000円、映像設備が3,900円、マイク代1,900円)
□懇親会: 笑門来復
□定員: 30名まで
□事例報告者
太田 潔 様(大阪経済法科大学)
Title:
「初年次教育にかかわる図書館ガイダンスの紹介事例」
Abstracts:
昨年、「『初年次教育』にかかわる大学図書館の役割についての一考察――最近の動き――」
(『図書館雑誌』102巻2号(特集「大学図書館の現在」)94~96頁)と題して、拙文を書きました。
原稿を書いた時点では、大学・短大進学率が2006年に52.3%でしたが、今春の文部科学省の学校基本調査の速報値では、4年制大学への進学率だけで50.2%になっています。一方で、政府が7月末に発表した雇用関係の統計から、求人が過去最低となって、現4回生には厳しい就職活動状況が続いています。このような大学生が現在の図書館の利用者です。
本学の状況について紹介させてください。本学では、初年次教育の1科目として、「大学演習」と称する授業を教員(チューター)、職員(サブ・チューター)および上級生(メンター)が一緒になって授業を行っています。この授業の1コマを図書館ガイダンスとして図書館がもらっていて、新入生全員がこのガイダンスの対象となっています。その内容について紹介させてください。

川崎 千加 様(大阪女学院大学)
Title:
初年次教育と大学図書館:情報リテラシーにおける「読み」の支援
Abstracts:
学生の基礎学力の低下、就業意欲の変化などから多くの大学では、情報リテラシーやキャリア形成を踏まえた初年次教育や導入教育科目を設置している。
特に初年次教育では図書館利用も含めた学習リテラシーの育成が目指されており、図書館ガイダンスや図書館の情報検索の時間を盛り込むケースも増えている。
今回の報告では、情報リテラシー教育とキャリア教育をつなぐものとしての「読み・書く」ことによる自己省察に重点を置いた科目「自己形成スキル」について概説する。
大阪女学院大学・短期大学では論文作成のための情報検索スキルを身に付けても、読む力をどうフォローするかが課題となってきていた。
そのため、2008年4月から初年次必修科目のひとつとして、この「自己形成スキル」が始動している。
今回は日本図書館研究会「第260回研究例会」での報告を元に、学生の「読み」に視点を当て初年次教育における図書館の役割について考えてみたい。

□ライトニングトークの方式について
事例発表者への質問、図書館ガイダンスの悩み、「オープンキャンパスで図書館は何かしたか」などをお題に3分間を目処に意見交換を行ないます。
□参加者の皆様へ
このテーマにあわせて何かご案内、報告したいことがありましたらご連絡下さい。

□Note:
.配布資料はご発表者にご負担頂いています。
.二次会案内要員を参加予定者の中から依頼させて頂きます。
.PowerPointは使用可能です。

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。