Freedom Librray Field 2009

【Blog開設目的】自由なるライブラリーフィールドの創設に伴い、発表者による発表要旨のアップ及びその関連資料を入手できる環境を実現する。また、イベント情報等を有志がアップし情報を交換できる事も可能にする。


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強会にて中村さんから告知のあった日本出版学会について、ご紹介します。奮ってご参加下さい。

日本出版学会 2010年度第2回(通算第65回)関西部会のご案内
「最近の図書館における電子化の動向―大学図書館の再定義とその編集機能」

 近年図書館は変革期を迎えている。図書館はいわゆる「情報革命」と呼ばれる流れの中で、
そのあり方を再定義しなければならない時期に差し掛かっている。
 人類史上、かつての図書館は紛れもなく、並ぶもののない絶対的な「情報の集積地」であった。
だがWebの出現により、図書館のアイデンティティは大きく揺らいでいる。今
の図書館は「情報の集積地」の一つではあったとしても、絶対的な存在ではありえない。
 存在意義が問われている図書館は、長期的な視野に立って、自らの行く末を見据え、現在なすべきこと
を考えていかねばならない。
 その道筋は、Webが立脚するデジタル概念から、図書館の立脚するアナログ世界を観察する時、
自然と明らかになる。特に大学図書館はこのプロセスを理解した上で、
自らが所蔵する学術資源を「情報」として、如何に「編集」し発信するかが、その行方を決める鍵となろう。
その現状と展望を報告する。

報告者:飯野勝則氏(佛教大学図書館専門員)
日 時:2010年8月6日(金) 18時30分~20時30分
会 場:関西学院大学大阪梅田キャンパス 1005教室
    http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/    
    大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー10階
    *「梅田コマ劇場」「ホテル阪急インターナショナル」のあるビルです。
    オフィス用エレベーターをお使いください。
交 通:阪急梅田駅茶屋町口徒歩5分 JR大阪駅北口徒歩8分
    地下鉄梅田駅徒歩8分
参加費:会員300円・非会員500円

会員でない方の参加も大歓迎です。当日直接お越しください。
終了後,懇親会を予定していますので,ご自由にご参加ください。

関西部会担当:湯浅俊彦
連絡先:夙川学院短期大学
    〒662-8555 兵庫県西宮市甑岩町6-58
    TEL:0798-73-3755(代表)
    FAX:0798-73-9136

スポンサーサイト

<< 大学図書館問題研究会第41回全国大会(in 大阪)のご案内。 | Home | 第7回自由なるライブラリーフィールド~今、図書館の話をしよう~が終了しました。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。